セミナー感想集

帰国報告会(行動促進セミナー)感想集

 

 

今日の行動促進セミナー、どうもありがとうございました。

最初からスロットル全開で非常に情熱的なセミナーでした。

面白いお話ばかりでしたので、あっという間に2時間が過ぎました。

最初驚いたのが、これをやらねばと思いついたのならば途中で席を立ってもOKという発言です。

今まで、いろいろなセミナーに出ましたが、初めて聞きました。

思い立ったら即行動。

今までは、本を読み終わってから、セミナーを受講し終わってから、さて、何から手をつけようか、とテンポ遅れの行動ばかり取ってきた私にとって目からウロコでした。

タスクの細分化の話はありがたかったです。

いつもタスク一覧を作るのですが、溜まりに溜まって、結局タスクリストが意味をなさないということがよくありました。

タスクが漠然としすぎていて、どこから手をつけたら良いか分からないというものばかりだったのです。

PCの電源を入れる、というところまで細分化するというお話は大変勉強になりました。

早速自身のタスクを細分化し、タスクを放置しないで終わらせていくことを、今から習慣としていきます。

これだけでも、私にとって、めちゃくちゃ価値のあるセミナーでした。

一番ありがたかったのは、椎名さんが⚪︎⚪︎準備中であり、本気で⚪︎⚪︎を目指している人のスピード感の感じることができたことです。

今までのセミナーは、⚪︎⚪︎してある程度落ち着いた方がされていたので、セミナーの内容にスピード感が感じられませんでした。

椎名さんのお話を聞いていると、これから世界に羽ばたいていこうとする、躍動感というのでしょうか。

前へ前へ進んで行こうというエネルギーに溢れていました。

椎名さんの先が見えなくても決断する、という姿勢が、私のように会社員に留まってしまう人間との違いではないかと思いました。

うまくいくかどうかわからないから、まずは様子を見ようという姿勢が、結局の所、活動の減速につながってしまうのではないかと考えています。

まずはタスクを確実に消化して行くことにより自分の活動を加速させていきます。

今日はわざわざ東京からお越しいただき、本当にありがとうございました。

K.T.様(プログラマー)




 

 

 

先日の帰国報告会では熱のこもったお話をありがとうございました!
いくつか自分が印象的だったお話をお伝えさせてください。

僕が一番印象に残ったのは、質疑応答で椎名さんが答えられていた
「危機感、不安感はどこから来るのか?」
という質問に対する答えです。
「明日死んだときに、俺は満足出来るか。」
そう問われたときにYESと胸を張って言いたい、でも今は言える状態じゃない。
だから危機感を持っているし、不安感がある。

そのやりとりが、今回の講演会のすべてを物語っているような気がしました。

そしてその言葉が重かったり、深みがあったり、私の中で腑に落ちたのも、
講演会で、椎名さんのブラジルでの活動、行動を生の声で聞けたからだと思います。

こんな言い方はあれですが、そこらへんのおっちゃん・おばちゃんが同じことを言っても、
「はぁそうですかぁ」
としかならないと思います。
でも身近な人で、同じ年で、しかも活動も行動もしまくっている人から
危機感や不安感の源泉を聞けたことが私には大きな刺激となりました。

たぶん、質問のやりとりや、懇親会でお話をさせていただいた方々とのやりとりで椎名さんの帰国報告会に参加しようと思ったのは、
「行動力の源泉」
が聞いてみたかったからなのかな、と思いました。

私は椎名さんが大好きなので誤解を恐れず申し上げると、椎名さんのブラジルでのお話を聞いていると、さーっと流れていってしましました。お話が。
ただただすごいなーっと。

でも、そのお話が自分のこれからの活動に落としていこう、と思ったときに、
どなたかが質問してくださった「危機感や不安感はどこから来るのか?」
という言葉によって、
「あ、僕は今日、これを聞くために来たんだ。」
と、妙な納得感がありました。

たぶん、あの質問があったお陰で私の学びは随分加速したように思います。
(もちろん、自分なりのキーワードや聞きたいこと、学びたいことを既にお持ちで講演会に望まれている方には質問があってもなくても学びは変わらないとは思いますが。)

そして、遅刻してしまって、申し訳なかったのですが、やはり
「もったいないことをしたな!」
と本当に悔しい思いをしました。

おそらく講演会のお話の最初の5分とか10分とかで、
「今日お伝えしたいこと」
か何か、そんな感じのことをお話になったのかなと。

ここからは想像ですが、こんな話がはじめの5分10分であったのかなぁと。

「今日皆さんにお伝えしたいことは、単にブラジルでの活動ではありません。
ブラジルで活動してきたエネルギーの根源はどこから来るのか?また、
なぜそこまで動くことができたのか?なぜ様々な物事に取り組んできたのか、
なぜ通常ではありえないようなレベルで突っ走ることができたのか?
なぜ、旅で出会ったブラジルに3年いてもポルトガル語を話せない普通の日本人のようにならなかったのか?」

などなど。
そんな話があったのかなと。

たぶん椎名さんの強みは、というか、僕が椎名さんから聞いてみたいなと思ったのは、
「なぜそのレベルで行動できるか?」
と言うことだったと、振り返ってみて思いました。

そしてそれは「500億で会社を売却したい」
という思いだったり、何か自己実現したい、
という壮大なテーマがあるからこそ、そこから逆算して、
今、何をしなければならないか、
それを考えたら、動けないとか言っている場合ではなく、
「動きたい」
と自然と思えてくる。

そんな椎名さんの思いが、今回の講演会から伝わってきましたし、
自分もそんな
「なりたい自分」や「壮大なテーマ」
がないからある程度のところで止まっているのかなと
痛感させられました。

「私の人生のテーマはなんだろう。」
「これを出来たら今すぐ死んでも満足だ。」

そんな、すべてのものを捨ててでも突っ走ることが出来る、
私の人生のテーマってなんだろう。

講演会を振り返ってみてそんなことを考えるようになった。
それが今回、私が学んだ一番大きなことだったかもしれません。

テーマはもちろん年齢や所用の条件によって、家族をもったりすると変わるのかも
しれませんが、それでも暫定的に、自分が成し遂げたいことと真剣に向き合ってみます。

ついつい熱が入ってしまい長々と書いてしまいましたが、以上が今回の感想です。
まだまだ書き足らないですが、ぱっと思いついたことを書かせていただきました。

そんなこんなで非常に刺激的で学びの多い講演会をありがとうございました。

同じ29歳として、よきライバルとして、よき同志として、これからも良い刺激をお互いに与え続ければいいなと思っています。

これからも末永く、お付き合いのほど、よろしくお願いします。

K.N様(会社員)

 

 

スクリーンショット 2015-11-21 22.09.28

S様(会社員)




 

スクリーンショット 2015-11-21 22.11.32

O様(会社員)




 

スクリーンショット 2015-11-21 22.12.33

K様(会社員)




 

スクリーンショット 2015-11-21 22.13.06

K様(自営業)




 

スクリーンショット 2015-11-21 22.14.03

M様




 

スクリーンショット 2015-11-21 22.14.54

N様




 

スクリーンショット 2015-11-21 22.15.29

M様(税理士)




 

スクリーンショット 2015-11-21 22.16.18

K様(会社員)




 

スクリーンショット 2015-11-21 22.16.46
T様




 

スクリーンショット 2015-11-21 22.30.00
S様




スクリーンショット 2015-11-21 22.30.47

S様




 

スクリーンショット 2015-11-21 22.35.05

N様




 

 

スクリーンショット 2015-11-21 22.40.29

Y様




スクリーンショット 2015-11-21 22.52.59

M様(会社員)




 

スクリーンショット 2015-11-21 22.39.26

T様(会社員)




 

「鼓舞されたこと」

■椎名さんがブラジル赴任後2週間でトーストマスターズに
参加されたという事例

→1%も内容がわからなかった、とおっしゃっていましたが
自分であれば恐怖のあまり飛び込むこともできないと感じます。
そんな環境に飛び込まれる行動力と、
いくら不安に思っていてももしょうがない、
というマインドに刺激を受けました。

また、トーストマスターズやインターネーションなど、
様々なコミュニティを探されていた事が印象的です。
今まで人からの紹介などでしかコミュニティを探していなかったので、
自分でネットなど駆使して「0からコミュニティを探す」という行為が盲点でした。

■ブラジルの奴隷の歴史と、フライトアテンダントの女性の話
→個人的に非常に歴史に疎く、日本史も世界史も知識がなかっただけに、
ブラジルの歴史などが記憶に残りました。
とくに、ファヴェーラの女性が、周囲の環境の引力に負けずに
互角力を磨く→アルバイトで稼ぐ→仏語のスクールに通う・・・
という良い循環を自分で創りだしたという部分。

なんとなく働いて、なんとなく生きて行ける自分の環境が
ぬるま湯のように感じます。
なんというか、惰性で生きることなく、
自分自身にもっと向き合わなければならないな、
と考えました。

別の言葉で言えば、今日を昨日の延長で生きないということでしょうか。
椎名さんが最後におっしゃっていた「毎日、帰宅後に、今日も生きていてよかった」という言葉にも通ずると思うのですが、
一日一日を大切にしていきたい(&そのためのシステムを構築する)
と考えています。

M様

 




 

今日は貴重なお話ありがとうございます。初めてお会いできてうれしいです。笑顔が素敵で話上手な方という印象を受けました。todoリストをたくさんあげてつぶしていく行動の加速の話と日本を将来良くしてみせるという思いで動いたブラジルの話はとても印象に残る話で自然に手が動いてたくさんメモをとることができました。

実際、ブラジル語をほとんど知らない状態で現地で学び、たくさんの経験をされたというのがすごいと感じました。言語がわからなくても行動できる。difficultではなくchallenge。行動が行動を呼ぶ。印象に残る言葉を具体例をあげて説明が聞けたおかげでとても勉強になりました。

今回の話は、私の今後のタスクつぶしに火をつけるものになったと思います。今すぐに行動が変わったというわけではありませんが、やりたいと思ったことはとことんリストにあげてブラジル留学では、42000kmの旅行を達成し、多くの人に出会い、仕事以外にもトーストマスターズでイベント主催など積極的に動いた椎名さんの話は私を勇気づける話でした。

M様 (会社員)

 




 

ブラジルでの実際のエピソードをふんだんに盛り込んだセミナーで、イメージがわき易く、楽しい時間を過ごすことができました。楽しみながらも、様々な気づき、学びを得ることができたので、参加させていただき大変よかったと思っております。

細かいタスクを書き出して、それを淡々、粛々とこなし続ける。これだけで、人生が大きく加速していく、ということを、椎名さんのお話を聞くことで腹落ち致しました。

セミナーでの気づき、学びを実生活の中で活用してこそ意味があると思うので、本日から早速意識して生かしていこうと思っております。

本当に素晴らしいセミナーありがとうございました。
今後とも何卒、宜しくお願い致します!

Y.I様(IFP)

 




 

行動力が落ちている自分にとっては
最近ますます行動を加速されている椎名さんの
お話をLiveで聞けたことが何よりよい刺激になりました。

ブラジルでの様々なエピソードが聞けたことで
意義深い時間を過ごすことができました。

異国の地であるブラジルでも大量の行動をされていた
ことを考えれば、帰国されてからの熱量の高さも納得です。

そのエネルギーに感銘を受けましたので、
自分も行動をしていこうと思います!

また、コンテンツはもちろんのこと、セミナー中に
実際に行動を促していただいたことで
早速滞っていたタスクを消化することができました!

M.K様




 

椎名さんの熱のこもっった講義を受けて、
今までいかに自分がぬるま湯にどっぷり浸かって
生きてきたかが分かりました。

良い意味で、頭を強く殴られた様な衝撃を受けると
同時に、猛省させられた次第です。

「イメージを重視しながら、細かいTo do listを作る」
というのは、今日から早速実践したいと思います。

ありがとうございました。

Y.T.様(セールスライター)

 




 

 

ブラジルに行かれる前に、4ヶ月をかけて一日のタスクをこなし、合計1,300ものたすくをこなされたのは本当にすごいと思いました。

自分は現在第一領域のタスクすら十分できない状態で、いつも後回しにしてしまう傾向があります。椎名さんの様に、毎日こなすタスクを決め、それを続けることが先手を打てる様になり、時間に追われる自分から抜け出せるのではないかと思っています。

また、difficultではなくchallengeであり、「限界は自分で決めている」という言葉も響きました。
日々の誘惑に負けてばかりの自分なので、ファベーラ出身のフライトアテンダントの方の話はとても影響を受けました。生きるか死ぬかをそれくらいの覚悟を持って日々生きて、自分に挑戦していかないといけないと感じました。

本日は貴重なお話しを聞かせていただきありがとうございました。

T.Y様(看護学生)




 

本日はありがとうございました。
噂に聞いていた通り、抜群の決断力、行動力を兼ね備えた方だなと肌感覚でわかりました。
私も思いついたことはすぐに行動するようにはしていますが、
スピード・行動量ともに上には上がいるものだと感心しながら聞いていました。
やはり即決断して圧倒的な行動量を叩き込むことが
重要なのだと改めて実感できました。
今後の椎名さんのご活躍がすごく楽しみです。
私も負けじとついていきたいと思います。

H.H様(会社員)




 

椎名さん、本日は本当に貴重なお話をお聞かせ頂きまして誠にありがとうございます。
静けさの中にも確信に満ちたお話であり、実際にこのセミナーを受けることによって
早速行動に移すことができたタスクもあり、それだけでも十分に参加するだけの価値がありました。
もちろん話の内容自体も、椎名さん自身が行動した結果としてのエッセンスが
凝縮されており、様々な気づきがあり、以下の点が印象に残っております。

・タスクリストの量と推進力
・行動が行動を促す
・断られてもアプローチするマインド
・difficultではなくchallenge
・笑顔と素直さ
・モチベーションに責任をなすりつけない
・とにかく自分が動くこと
・できる人はレスが早い

M.T様(公認会計士)




 

最高の凱旋公演でした。
ブラジルでご経験されたこととそこからの気づきを聞いて、
うなずけるものばかりでした。
圧倒的な行動力とその実践とそこから開かれた展開の話は、
聞いていて勇気付けられるとともに、我が身を振り返ると自分の至らなさを再認識できました。
まさに「平和ボケしているヒマはない」と仰られている意味が、今日のお話でよくわかりました。
どうもありがとうございました。

M.T.様




 

椎名さんのブラジルでの行動量とスピードを具体的にお聞きできて、とても大きな刺激をいただきました。

トーストマスターズでのイギリス人とのであいから、イベント統括をされて、
私自身が最近自身の業務で一杯一杯になっていることが、
とても小さいことだとか感じました。
危機感は非常に共感します。最近危機感が薄れつつあるため、
とても大きな刺激となりました。
ありがとうございました。

Y.N様(司法書士)




 

素晴らしいセミナーをありがとうございました。
今日一番ぐさっときた話は、椎名さんが今後
「遠い」という言葉を使わない、それを言い訳にすることはできないと思われたということでした。
実際にブラジルに行かれた方のお話を聞いて、自分のマインドセットがひたすらに甘いなということも思い知らされました。
タスクリストの話もとても印象的でした。先手先手を打っていかないとけないと思いました。

K.I様(大阪大学医学部学生)




 

とにかくスピード感がハンパないです。

自分の行動の遅さを改めて認識し、冷や汗が出ました。

すごく刺激を受けました。

少しでもマネしてみます。

T.T.様




 

私も半年後に渡米予定がある中で、以下気になりました。
・行く前のタスクリスト
・環境がかわると行動量がおちる(すごく恐いこと)
・この一年間が自分の将来と日本の将来を決めるくらいの気持ちで行く

特にタスクリストはすぐにでも取り入れたいと思います。
というか、セミナー中にもセコセコつくっていました。(汗)

椎名さんの行動に、すごさに圧倒され、
このままじゃいけないと反省さえられました。

自主開催のセミナーのスケジュールを少し延長しようかなと、
弱気になっていましたが、全ては前倒しの精神で
行動し予定通りの開催でいきたいと思います。

T.A.様(自動車メーカー勤務・エンジニア)




 

本日は椎名さんの体験をシェアという形でお話をいただきましたこと、ありがとうございました。

体系だった「論」も有用だと思いますが、実際に結果や実績を出しておられるその元となる体験や日常をお話いただくことはとても刺さりやすいく

自分ではどうするか、と直接的に訴えられますので、
私にとっては大いに訴えかけてきたセミナーだったと思います。
特に下記のようなことを学ばせていただきました。

・制限は自分で自分の中で勝手に決めている
・いい環境にいると、それがスタンダードになる
・「所」を得る・・・ワニレスラー
・環境変化は行動(量)に影響する

本当にありがとうございました。

Y.S.様(会社員)




 

おかげさまで4月にやる養成塾の集客についてやれることが多数出てきました。
少し自分の中に制限があったのですが、早速使っていけそうです。
ところどころに交えて話されたストーリーが非常に面白かったです。
ありがとうございました。

H.N様(会社経営コンサルタント)




 

最近自分は止まっているなあと思っていて、今日お話を伺って「死んでいるのと同じだな」と自分の状況を思いました。
同じことを先日鈴木研次郎さんというテーラーのインタビューを読んだ時も思いました。
鈴木さんは「好きなことに対する情熱」が
支えているように思いましたが、椎名さんの原動力はそれとはだいぶ様相が異なると思いました。
「人とのコミュニケーションは避けられない」といわれて、私はこのところシャッターを閉じていたので、ぐさっときました。でもSkypeでお聞きした個別教師のポルトガル語の先生は理想のイメージとして持っています。
ありがとうございました。

M.I.様(教員)




 

本日はありがとうございました。メルマガ等を見させてもらい、
「圧倒的な行動量」が印象的でした。

その行動を支えているのがなんなのかが知りたいと思い参加しました。
その一つ「行動の万歩計」という考え方が参考になりました。

明日改善すること、やることを書き出してカウントしていく、すぐに何かがかわるわけではないけど、3−4ヶ月たって、1,000個を超えると、「時間を追いかける」になることができる感覚になるという話でしたので、ぜひ自分も今日からやってみます。今の自分はやることに追われ、時間に追われ、やる気が空回りしていると感じました。また「あれをやらなくちゃ」といろんなことが頭に浮かんで、目の前のことに集中できていないことにも気づけました。まずはやることを書き出す(100個)ことから始めます。抽象的なことではなくて、具体的行動に落とし込んで!行動のきかっけをありがとうございます。

E.I様(相続アドバイザー)




 

今できることを、今やるを今日からやっていきたいです。
リストアップを細くすることで、実行した後の達成感を大事にしていきます。
最近、あまり音楽を聴くことがなかったので、自分のお気に入りのものを集めて、
いろんな場面で聞いていきたいと思います。
見方を変える話も参考になりました。自分の感情のまま出すと
嫌だとか後悔も出てきますが、違った角度から見ることで
自分の成長にプラス担っていると思えるように、少しづつ気持ちを切り替えていきます。

それが、これからいろんな経験を積むための行動になってくると思います。
今日はありがとうございました。

Y.Y.様(会社員)




 

まずは福山まで来ていただき、セミナーを開催されたこと、本当にありがとうございます。東京や大阪に行けないなら、福山へ来てもらおうという思いから始まりましたが、準備段階から多くの学びがありました。その中でも、声をかける、お誘いをするだけの関係性が築けていない事実を認識できたことは、今後に向けての大きなテーマとして考えています。
思いついたこと、やったほうがいいとわかっていることを、どれだけ行動に移していけるか、さらに行動を中毒化していけるか。今回話していた、タスクのブレイクダウンと行動の万歩計によって実現していきます。
ワニレスラーの話がドラッカーに紐付いたのは圧巻でした。(笑)
またセミナー開催に向け、準備、ルーティーンについても活かしていけそうです。
Y.S様(会社員)




 

 

 

私は、ブラジルから帰られた第一弾の東京と最終回の福岡の二度に参加させて頂きました。

正直驚きました。
それは、福岡での話の内容がぐっと深まっていたからです。

東京では、帰国後の率直さ有り余るエネルギーに感銘いたしましたが、
福岡ではその内容が静かに具体化されていて、とてもわかりやすくかみ砕かれていました。
おそらく、東京を皮切りに各地で実施なさる都度、思考を拡げ深めておられたのでしょう。

行動量はひけらかすものではなく、行動することで生み出される様々なことに価値があり
それを椎名さんはこの数か月で自分の中で消化し、あるひとつの「型」を創られたようです。

まさに“正統派”です。
そこには奇を衒ったものはなく、ただ毎日を積み重ねてきた実績があるのみです。
自ら実行した日々を自分の言葉で語る。これは裸の自分を見せることと同様です。

今の私にはその勇気はありません。でも、できないこととも思えません。
信じて一途に動けば誰にもその可能性が十分ある。そう思えるようにさせてくれた
椎名さんに心から感謝いたします。

Y.M.様




 

 

○タスクリストについて

この話は非常に刺激的でした。
一日10個ですか!!!と思いましたが、
実はそれは非常に細分化されたタスクリストであって、
決して実現不可能なことでないこと、
細分化というアイデアに非常に感銘を受けました。

ある行動を行うのに複数の行動が伴うのですが、
それを丁寧に細分化し、そして個々を改善していくことで、
例えば、一つの事を行うのに30分かかってた10工程を
改善によって、半分の15分にできる可能性があります。

またタスクリストによって行動を明確化することにより
他の行動とも結び付けられ、個々を改善することで、
すさまじいスピードアップが図れるのではないか、
と感じ、非常に良い習慣を身に着けているなぁ、と思いました。

何かをやること、が主体ではなく、
あくまでタスクリストを潰していくことに軸を置き、
行動を加速させるシステムは、是非学びたいと思いました。

○ブラジルについて

まず、ブラジルでの活動についてですが、
凄い、の一言に尽きると思います。

何もわからない状態であっても
行動をし続けたこと、

行動をすることで得られたものの大きさ、
それは行動する人にしか得られない体験だと思います。

何よりも賞賛したいのは、
ブラジルに行く前に準備期間を設け、
助走をつけていたことです。

自身が何かする際に
最高のスタートを切れるように
準備をすること

そしてタスクリストというツールを使って、
猛烈に準備体制を整えていったことは、
素晴らしいと思います。

日本でも人に会うことは
かなり努力しないと大変なのに、

ブラジルで、しかも
文化も違い、意思疎通が中々出来ない環境で、
50人という数字を掲げ、
活動し、達成したことは、
日本にいて、色々と理由をつけて、
何も成し得ていない自分は
何なのか、と痛感しました。

改めて、
お話を聞くことで、
行動がもたらすものの大切さについて
学びや気付きを得ることが出来ました。

○トーストマスターズについて

英語ではなく、あえてポルトガル語を選んだ、
その決断が素晴らしいと思いました。

自身のコンフォートゾーンを脱出し、
更に新たなモノを得ようとする、
その熱意は
自身の熱量がまだまだ足りないな、
と思いました。

そして、あえて未開の地に飛び込むことで、
得られるものは計り知れないものだな、

話を聞いて気付きました。

超アウエイにもめげず
決断と行動(実行)の繰り返しで、
日常会話での意思疎通が出来るようになったのは
本当に「やる人」、「やり切る人」にしか
得られない未来だっと思います。

望むべく未来を得るために
決断と行動をくり返し、苦境にも耐え、
やり切ることで、(楽しい夜が過ごせる、というのは余談で)
誰しもが実現出来る、
ということを体験談を通じて
リアルに感じることが出来ました。

行動することで、出会いが生まれること、
そして、その出会いを活かすには、
自身の価値提供を考えるべきであること、

これは非常に参考になりました。

忙しい人に対して、
(会いたい人に対して)
自身が何を提供できるのか?

自身の要求よりもまず、
献身性について考えてみること、

また、利他の精神というのは
世界共通であること、
それを知れたことは良かったと思います。

何かを成し遂げようとした時に、
からなず救いの手があること、
世の中はそういうことがよく起こるものだ、
というのをお話の中から感じました。

例えば、マイアミのメンターとのであい。
お話の中でもありましたが、
非常にいい言葉があり、
そのような方と、繋がりを持てたことは、

椎名さんの決断と行動の
賜だと思います。

そして、自分自身も、
決断と行動を実行して
難問と出会い、それを乗り越えるために
もがいてみようかと思いました。

○ワニレスラーについて

自分の行き方を貫くと、
所を得ることが出来る、
というのを知ることが出来ました。

また、自分の好きなことをしていると、
何時間でも熱く語ることが出来ること、
それほどまでに、
自身の求める生き方出来るのは
素晴らしいことと、自分がそれほどまでに
強烈な熱を持った生き方をしているのか、
という自問自答をするエピソードを
紹介して頂けて良かったです。

これは是非、人に話したい(伝えたい)
内容だと思いました。

○ファベーラとCAと

環境に屈しない人間、
強い信念を持っている人の話、
エピソードと言うのは、
これほどまでに心を震わせられるものか、
と思いました。

と同時に、
自身が恵まれている環境にいるのに
やたらと、出来ない理由を並べ立て、
甘えた生き方をしていないか、

と自分の人生を振り返って、
紹介頂いた話が心に刺さりました。

また、人と合うことで、
その人の人生を垣間見える、
違う人間の人生を短時間で体験できる、
と言うのは貴重ですし、

そういう意味でも、人と会うことの
重要性について改めて認識させられました。

全体を通じて、
椎名さんの熱量と決断と行動力、
と言うのは、心が震えました。

行動が行動を呼び、

先が見えなくても、とにかくやってみる、

そうすることで、
新しい出会い、
新しいきっかけが生まれる。

行動と決断。
量から質へ。

火花から恒星へと熱量を上げていく。

エネルギーの逓増について
様々な築きを得られる
素晴らしいセミナーに参加できたことを
感謝致します。

K.O様




 

椎名さんセミナーに参加させてもらい熱を伝染させてもらいました!
未来のなりたい自分、やりたい事が今のタスクに落ちている事が凄いと思いました。

セミナーの内容は置いときまして、
自分もパソコンやスマホのスイッチを入れる度に未来の自分を感じ日々粛々と過ごしていきたいと思います。

後、行動を起こすと変な人が頑張り結局成功してしまうお話しが変な自分からしてみたらとても面白かったです。

行動を起こし考えてみることもありだなと、自分のタスクリストに1つ加わりました。

びっすいか人(人生)にならない為にも頂いた熱を冷めない内に始動し突っ走ります!

椎名さんは少し低音で声がいい人だなと感じました。セミナーも聞き取りやすかったです。
あと3年後に今の椎名さんと同じ29才になるので一応今からの3年間をリミットとし、賭けて行きます。応援よろしくお願いします。

貴重なお時間ありがとうございました。

H.I.様(会社員)




 

 

to doリストの細分化ですが
私は全くしてませんでした。
大きな括りでしか
予定表に書いていませんでした。
細分化する事で、時間を追う事になる考え方は新しい発見でした。
大切ですね。意識しながら細分化して行きます。
簡単な行動もタスクにするのも良いですね。

モチベーションのせいにしない事も
画期的でした。もともと、ないもの。
凄いです。
自分が、本当に
したい事は何なのか
あらためて
考えました。

M.S.様(公務員)

 




 

この度はセミナー有難うございました。
今回のセミナーは行動促進ということがテーマでしたが、
その根底には、椎名さんの試行錯誤の圧倒的な量が
起因していると感じました。

また、さまざまな経験ひとつひとつに対して、きっちりと
知恵レベルに昇華して、その本質を学び取る向上心と、
さらにその内容に対して言語化&実践までされていると思いました。
ダメ押しで、スピーチの訓練もされているので、
聴き手への伝達率も素晴らしい。
また、ラジオのパーソナリティのような声も個人的には好きです。
注:とはいえ、私は男ですが^^

上記をすべて組み合わせることができているので、
3拍子とは言わず、4拍子、5拍子揃っている
ともいうような方だと感じました。
それでいて、セミナーや懇親会で直接お話をしてみると
威圧的、上から目線などとは対極にいらっしゃる方で、
話を最後まで聴いてくださったり、謙虚、真摯さなどを感じました。

個人的なところでは、今回のセミナーでは、
知恵レベルの要素について多数紹介されていましたが、
その中でも、数字で管理、リフレーミング、笑顔、
朝五時まで語れるようなもの(ところを得る)、
不安が来る前にやってみる、などが私にとって
改めて考えたり、精度を上げるべきところと感じました。

今回のご縁ありがとうございました。

D.U.様(会社員)

 




 

 

 

1.感想、学んだこと
行動力の源泉を御自身で棚卸しすることがやはり大事だということを学びました。
何がモティベーションになって、どう意識すれば行動につながるか、自分をコントロールするための要素を把握することが、行動への鍵、ひいては成功への鍵となるんだということが分かりました。
やはり、抽象と具体を同時に把握することなんだなあと思いました。

また椎名さんの高いモティベーションを目の当たりにして、周りの方を巻き込むことの大事さ、考えるよりも行動することを大切にしようと改めて思いました。

R.H様(会社員)