Step. 549 死について教育を受けたことがあるか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【STEPs】 Step. 549
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Striving for Tremendous and Exponential Progresses
「偉大かつ指数関数的な成長を目指す」メルマガです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集前記】

完璧主義って体に悪いんですね。
知らなかったです。

http://goo.gl/yfTTZV


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【知識労働者の視点】

■死について教育を受けたことがあるか?


今日はひょんなことから、


「死」


について考えています。
タイトルにもありますが、
「死」につて、何か教えてもらったことがある方がいるでしょうか?


私は全く「死」に関する教育を受けた覚えがありません。
ということで、
ちょっと偉人の死に関する見方、死観を見てみましょう。



「たくさん経験をしてたくさん苦しんだほうが、
死ぬときに、ああよく生きたと思えるでしょう。
逃げていたんじゃあ、貧相な人生しか送れませんわね。」

瀬戸内寂聴



「実際にどう生きたかということは大した問題ではないのです。
大切なのは、どんな人生を夢見たかということだけ。
なぜって、夢はその人が死んだ後もいき続けるのですから。」

ココ・シャネル



「死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。」

村上春樹



「一度だけの人生だ。だから今この時だけを考えろ。
過去は及ばず、未来は知れず。死んでからのことは宗教にまかせろ。」

中村天風



「死への準備をするということは、良い人生を送るということである。
良い人生ほど、死への恐怖は少なく、安らかな死を迎える。
崇高なる行いをやり抜いた人には、もはや死は無いのである。」

トルストイ



「あらゆる生あるものの目指すところは死である」

フロイト



「死ぬということは、生きているよりいやなことです。
けれども、喜んで死ぬことが出来れば、
くだらなく生きているよりは幸福なことです。」

谷崎潤一郎



「毎晩眠りにつくたびに、私は死ぬ。そして翌朝目をさますとき、生まれ変わる。」

ガンジー



「世の中には体は生きているが、心が死んでいる者がいる。
反対に、体が滅んでも魂が残っている者もいる。
心が死んでしまえば生きていても、仕方がない。
魂が残っていれば、たとえ体が滅んでも意味がある。」

吉田松陰



「いったん志を抱けば、この志にむかって事が進捗するような手段のみをとり、
いやしくも弱気を発してはいけない。
たとえその目的が成就できなくても、その目的への道中で死ぬべきだ。」

坂本龍馬



様々な死観があるわけですが、
個人的な感想としては二つです。



「我々は生と死を同時に生きている」


「死は今現在の生き方に規定される」



そんな解釈をした後で、
本日このようなことを考えるきっかけをくださった方の言葉が頭をよぎりました。


「死は死ぬ者ではなく、残された者が
死を受け入れる心を持っていなければならない」


いずれにしても、時たま真剣に直視するトピックであることは、
間違いなさそうです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●本日のまとめ●

死とは生であり、今この時である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・スーパーバイザー承ります

個人事業・独立志望の方のスーパーバイズを務めます!!
http://minorusheena.com/blog/?page_id=6704

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【プロフィール】

プロフィール



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 ご意見、ご感想、お問い合わせはこちらまで 】

minoru.m.shiina@gmail.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 登録・解約はこちらから】

https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=minorusheena

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です